沖縄がん心のケア研究会は、がん治療にかかわる様々な方々が、職種や立場を超えて、「がん患者・家族の心のケアの均てん化」を目的として行われる参加・体験型の研究会です

心のケアの均てん化とは、いつでもどこでも誰にでも、同じように心のケアが受けられるということです。

 
 2016年7月15日更新
 研究会では、心のケアに関する専門的な視点からの意見や見識、また実際の事例を毎回参加者が持ち寄り、職種や立場を超えて意見を述べ合い、検討していく予定です。これにより、心のケアに必要なカウンセリングやコミュニケーション技術のスキルアップのみならず、ものの見方・考え方を広げて、がん患者の心のケアの均てん化の方法を模索していきます。
 
 主催:第75回 沖縄がん心のケア研究会
 日時:平成28年7月30日(土)14:00〜17:00
 場所:沖縄赤十字病院 3階 第3会議室
 費用:300円 参加申込不要
 第1部:レクチャー(14:00〜15:00)
    「慢性期医療病院・老健で働く歯科衛生士の立場から
     がん療養中に起こる口腔関連障害へのケアサポート」
    ・講師:堀 宏恵 氏
       (北山病院・和光園 歯科衛生士)
 第2部:レクチャー(15:10〜16:10)
    「最期まで美味しく食べられるために
     〜私たちにできること〜」
    ・講師:加藤 節子 氏
       (北山病院 摂食・嚥下障害看護認定看護師)
 第3部:情報交換会(16:20〜17:00)

 お問い合わせ先:沖縄赤十字病院 外科 友利 098-853-3134
         北山病院 儀間 0980-56-2339
 
   RBCニュースに本会の活動が掲載されました(2016年3月21日)病との向き合い方考える“いのちの授業”
「治療法や終末期ケア紹介」第65回沖縄がん心のケア研究会(2015年9月26日開催)
 宮古毎日新聞(2015年9月27日)に掲載されました。
「離島モデル構築したい」沖永良部島 心のケア講座、来年6月開催へ
 南海日日新聞(2015年7月2日)に掲載されました。
「病気になっても前向きに」第2回がんフォーラムin宮古
 宮古毎日新聞(2014年9月21日)に掲載されました。
 宮古新報(2014年9月21日)に掲載されました。
朝日新聞朝刊(2014年9月14日)に「乳がん検診 命守ろう」の記事が掲載されました。
下記のTV番組(テレビ東京)がネットに公開されました。
Letters ―感謝の手紙―(2013年8月15日放送分)
『乳がんと震災で傷ついた心のケアにあたる精神腫瘍科医へ』
 「患者心理の理解学ぶ」
第34回沖縄がん心のケア研究会 2013年2月16日 宮古合同庁舎
 宮古新報 2013年2月17日掲載
 「がんケア講演会 支援の重要性を訴え」
第34回沖縄がん心のケア研究会 2013年2月16日 宮古合同庁舎
 宮古毎日新聞 2013年2月17日掲載
 次回は以下の通り研究会を開催します。ご参加をお待ちしています。
 
 下記の沖縄FMラジオの録音がUSTRAEMで公開されています。
 保坂 隆 医師出演(FMコザ ラジオ局)(2014年6月27日放送分)
 
 ラジオ対談 「がん”からの出発〜いのちみつめて」ラジオ日経(NIKKEI)
 ゲスト:栗山登至医師(琉球大学病院がんセンター緩和医療医)

 聞き手:川越厚医師(緩和医療医)
 ※上記サイトをクリックして開いて、画面右端のオンデマンド一覧にある
「“がん”からの出発〜いのちみつめて(2012年10月14日放送分)」を
クリックしてください。
 
 

沖縄がん心のケア研究会