沖縄がん心のケア研究会は、がん治療にかかわる様々な方々が、職種や立場を超えて、「がん患者・家族の心のケアの均てん化」を目的として行われる参加・体験型の研究会です

心のケアの均てん化とは、いつでもどこでも誰にでも、同じように心のケアが受けられるということです。

 
 2017年1月26日更新
 研究会では、心のケアに関する専門的な視点からの意見や見識、また実際の事例を毎回参加者が持ち寄り、職種や立場を超えて意見を述べ合い、検討していく予定です。これにより、心のケアに必要なカウンセリングやコミュニケーション技術のスキルアップのみならず、ものの見方・考え方を広げて、がん患者の心のケアの均てん化の方法を模索していきます。
 
 第80回 沖縄がん心のケア研究会
 日時:平成29年2月12日(日)13:30〜15:00
 場所:那覇市立病院 3階講堂
 講演:がんになっても働く!!働ける!!生きるを支える
    - 病院と協働する患者の就労支援 -
     橋本久美子氏
(聖路加国際病院がん相談支援室看護師)
  
 『支えあう大切なあなたと家族』
 主催:一般社団法人沖縄県がん患者会連合会
 共催:金武町町役場
 後援:沖縄がん心のケア研究会
 日時:平成29年2月19日(日)13:30〜16:30
 場所:琉球リハビリテーション学院
 テーマ:支えあう大切なあなたと家族
    - あなた自身があなたのココロとカラダの一番の治療者に -
 第1部:当事者の立場から
13:40〜14:10
     『娘の声と第二の声に生かされて』
      田名 勉 氏
(沖縄県がん患者会連合会/沖縄県友声会会長)
 第2部:医師(患者家族)の立場から
14:10〜15:10
     『望みあるところに光あり』
      天願 勇 医師
(統合医療センター クリニックぎのわん 院長)
 第3部:教育者の立場から 15:20〜16:20
     『いのちの「土台」を豊かなものに』
      村末 勇介 氏
(琉球大学 教育学研究科 准教授)
 
保坂 隆 先生のテレビ出演・講演会情報
BS-TBS「土曜ニュースまるわかり」に生出演しました(2016年9月3日放送)。
   RBCニュースに本会の活動が掲載されました(2016年3月21日)病との向き合い方考える“いのちの授業”
「治療法や終末期ケア紹介」第65回沖縄がん心のケア研究会(2015年9月26日開催)
 宮古毎日新聞(2015年9月27日)に掲載されました。
「離島モデル構築したい」沖永良部島 心のケア講座、来年6月開催へ
 南海日日新聞(2015年7月2日)に掲載されました。
 
 下記の沖縄FMラジオの録音がUSTRAEMで公開されています。
 保坂 隆 医師出演(FMコザ ラジオ局)(2014年6月27日放送分)
 
 ラジオ対談 「がん”からの出発〜いのちみつめて」ラジオ日経(NIKKEI)
 ゲスト:栗山登至医師(琉球大学病院がんセンター緩和医療医)

 聞き手:川越厚医師(緩和医療医)
 ※上記サイトをクリックして開いて、画面右端のオンデマンド一覧にある
「“がん”からの出発〜いのちみつめて(2012年10月14日放送分)」を
クリックしてください。
 
 

沖縄がん心のケア研究会